TEL.04-2955-3804

狭山市

常設展示

狭山市立博物館の常設展示は「入間川と入間路-その自然と風土-」を基本テーマとして、そこで育まれ生活と文化を築いた人々の足跡にスポットをあて郷土色の強い構成を意図しています。
はるかな太古の時代、狭山の地はアケボノゾウが生息し、ある時代には海が迫っていました。この地に人々の生活の痕跡が残されたのは旧石器時代で、縄文時代からは入間川の両岸に人々の定住が始まりました。
弥生時代の遺跡は未確認ですが、関東にも豪族があらわれた古代以降の狭山には多くの人々の生活があり、そして幾多の歴史がつくられ、断片とはいえ多くの歴史的資料が残されました。
縄文にはじまる原始時代から古代、中世、そして狭山の骨格が形成された近世、さらに明治維新以降現在に至るまでの狭山の歴史と人々の足跡を、実物資料、復元模型、レプリカ、映像などを展示し、編年的に構成しました。
図面右端へ移動は横方向へのスクロールで可能です。

展示室のテーマ「入間川と入間路-その自然と風土-」

太古の狭山

狭山市立博物館:アケボノゾウ
アケボノゾウの骨格標本と産状復元模型(左上)

狭山の自然


狭山に棲む蝶類の標本

狭山の野生植物のパネル

原始時代の狭山


縄文時代の住居の模型

縄文時代中期の土器

古墳時代の狭山


上広瀬古墳群出土品の一部

古代(奈良・平安時代)の狭山


奈良・平安時代の土器

中世の狭山

板塔婆
板塔婆(野々宮神社)

近世の狭山

村境争論の図
村境争論の図(柏原村と下奥富村)

明治維新から現在までの狭山

終戦直後(昭和20年~21年)の教科書(右上の教科書は、GHQの指示により自分で文字を消させられた)

狭山の民俗


昔の農家の生活用具

近世の生業(伝統産業)

脱穀の道具

ホール(1階)・ロビー(2階)・絵画ケース(2階)

絵画

横山大観・藤田嗣治・河鍋暁斎など、季節ごとに入れ替えて展示(常設展示品ではございません)


横山大観 「霊峰不二」

河鍋暁斎 「ねずみの図」(狭山市指定文化財)


藤田嗣治 「馬来風景」

藤田嗣治 「佛印風景」

  • 大塚花御史 「獅子舞」
  • 河鍋暁斎 「神楽の図」
  • 田辺栄次郎 「カダケスの山手風景」
  • 小谷野浩一 「遊」

木彫・鍛金・その他


三木貞夫 「鵜」(日本美術協会展銅賞)

三木貞夫 「ナーガル・ジュナ」
  • 伊藤廣利 「蓋物」
  • 甲冑「紺糸威獅噛胴具足」
  • 甲冑「紺糸威六枚胴具足」
  • 甲冑「紺糸威段替胴具足」
  • 脇差「泰信法橋源光平(江戸前期)」一尺八寸二分