TEL.04-2955-3804

狭山市

お知らせ

20181125 投稿

音楽劇「ももたろう」

東京家政大学生による音楽劇を上演いたします。

上演時間
①13:30~14:10
②14:30~15:10

会場
まいまいホール

料金無料・予約不要

出演:東京家政大学子ども支援学科佐藤ゼミ

音楽劇チラシ
音楽劇

20181116 投稿

博物館だより12月号

博物館だより12月号には、第4回博物館公募展「童句の世界」美術展と冬期企画展「わがまち狭山の平成展」の情報、おりぴぃ一日館長のイベントや冬のまいまい体験講座、さやまナビーズ第2回常設展ガイドツアーの情報と年末年始の休館日についての情報も載っております。

博物館だより2018.12

20181113 投稿

11/14(水)県民の日は入館料が無料になります!

11/14(水)県民の日入館料無料で秋期企画展「日本風景画の巨匠 吉田博展」と常設展が楽しめます。
普段は土日限定の工作教室「まいまい体験講座」(幼児~小学生対象)も特別開催します。

ご家族でぜひお越しください。

20181109 投稿

さやまナビーズ第2回常設展ガイドツアー

 さやまナビーズ(博物館ボランティア)のメンバーが来館の皆様に向け、博物館の常設展示について“一歩踏み込んだ”解説(ガイド)を行います。展示の意味や面白さ、見方を掘り下げることにより、さらに深く歴史を楽しめる、そんな解説を行います。春に開催した第1回が好評につき、早速第2回を開催します。皆さんふるってご参加ください。

今回のガイドテーマ紹介
・「建築歴史の小さな旅」       ・・・ 縄文から昭和まで、展示物を使って建築の歴史を探る。
・「縄文時代の四季」        ・・・ 縄文時代の衣食住を四季を交えながら紹介。
・「関東を制覇した後北条氏と城山砦」 ・・・ 日本三大奇襲戦の一つの河越夜戦をひも解く。
・「狭山茶について」         ・・・ 煎茶誕生から狭山茶の現在まで、お茶を通して歴史を辿る。
・「養蚕と女性」           ・・・ 養蚕の仕組みと女性たちの信仰について紹介。
・「広瀬斜子織」       ・・・ 狭山で生産していた高級絹織物の広瀬斜子織、その特徴と盛衰を紹介。
・「狭山の農業」       ・・・お茶・養蚕・稲作、狭山の農業をジオラマと実際の民具を見ながら解説。
・「災害からみる昭和初期の生活用具」 ・・・古き民具が教えてくれる災害時の生活。
・「狭山の馬車鉄道」         ・・・狭山市駅と飯能駅をつなぐ、馬が引いた鉄道を紹介します。

■開催期間 :11月27日(火)~12月16日(日)
■費用:入館料150円(高・大生100円)中学生以下無料
■ガイド時間:午前 11時~12時 ・ 午後 2時~3時 各ガイドは1回30分程度

常設展ガイドスケジュール
  日程    午前【11:00~12:00】       午後【14:00~15:00】
11月27日(火) 「建築歴史の小さな旅」        「縄文時代の四季」
11月28日(水) 「関東を制覇した後北条氏と城山砦」  「広瀬斜子織」
11月29日(木) 「建築歴史の小さな旅」        「災害からみる昭和初期の生活用具」
11月30日(金) 「関東を制覇した後北条氏と城山砦」  「狭山の馬車鉄道」
12月1日(土)  「縄文時代の四季」          「狭山の農業」
12月2日(日)  「狭山の馬車鉄道」          「狭山茶について」
12月4日(火)  「建築歴史の小さな旅」        「縄文時代の四季」
12月5日(水)  「養蚕と女性」            「狭山茶について」
12月8日(土)  「関東を制覇した後北条氏と城山砦」  「狭山茶について」
12月9日(日)  「狭山の農業」            「養蚕と女性」
12月12日(水) 「建築歴史の小さな旅」        「建築歴史の小さな旅」
12月13日(木) 「関東を制覇した後北条氏と城山砦」  「縄文時代の四季」
12月14日(金) 「広瀬斜子織」            「養蚕と女性」
12月15日(土) 「狭山の農業」            「広瀬斜子織」

チラシのpdfデータ
第2回さやまナビーズ常設展ガイドツアーチラシ

■申し込み方法
電話にて予約受付、当日参加可、11月20日(火)から受付開始
狭山市立博物館
電話番号:04-2955-3804

20181103 投稿

博物館だより11月号

イベント情報をまとめた博物館だより11月号が完成いたしました。
11月号には秋期企画展「吉田博展」の紹介や「さやま大茶会」のイベント情報、「さやまナビーズ第2回常設展ガイドツアー」の情報や「第2回秋季のさやはく生涯学習フォーラム」の情報も載っております。
ぜひ博物館へ足を運んでください。
博物館だより2018.11

20181019 投稿

第4回博物館公募展『童句の世界』美術展 作品募集期間を延長します!

「童句」とは、童話『かわいそうなぞう』で知られる狭山市にお住まいだった土家由岐雄氏が創始した、狭山市発祥の子どもの心に還って感じたことを表現する俳句です。
狭山市立博物館では、第4回博物館公募展として、土家由岐雄氏の代表句である五つの句の情景をイメージした作品を募集いたします。

課題の童句
① あらそって たこおろす空 雪となる
② トラックの 土に たんぽぽが 咲いて行く
③ 宿題の 窓に ときどき 遠花火
④ 雨に鳴く こおろぎに ドア あけてやる
⑤ ひなたぼこ しながら母に 髪刈らる

応募締め切り:11月18日(日)必着(作品搬入と一緒にお願いします。先着100名・定員になり次第募集終了) 
作品搬入:11/1(木)~11/18(日)
展示期間:2018年12/8(土)~2019年1/27(日)

■作品募集要項
作品募集要項PDF
4回公募展「童句」募集要項HP用
■応募用紙
 応募用紙PDF
童句展申し込み書
■賞品:最優秀賞1名5万円、優秀賞1名2万円、入賞数名5千円(商品券を贈呈)
発表:展示期間終了後、博物館ホームページと館内にて発表。
■「童句の世界」美術展チラシ
「童句の世界」美術展チラシPDF
■お問合せ連絡先
狭山市立博物館内 「童句の世界」美術展 宛
電話番号:04-2955-3804
fax番号:04-2955-3811
E-mail:info_scm@sayama-city-museum.com

20181008 投稿

第三回童句コンクール結果発表

第三回童句コンクールの入選作品を発表いたします。

一般の部
特選
思い出を リュックに詰めて 去るキャンプ  埼玉県狭山市 橋本 壮一
SLの 汽笛にのって 春がゆく        埼玉県狭山市 佐藤 桂子
ひみつ基地 遊んでこわして 夏終る     埼玉県狭山市 細田 とり
カマキリを 見せて好きな子 泣かせた日   埼玉県狭山市 手嶋 美枝子
投網打ち からめ取りたき いわし雲     埼玉県川越市 宮崎 早苗

佳作
花火にも 負けないくらい 君がすき     埼玉県所沢市 坂井 傑
クーラーが 無くてもひんやり 祖母の家   埼玉県日高市 松木 由佳
こがらしが 縄跳なわに からみつく     埼玉県狭山市 髙田 貞子
土手すべり あきて大の字 鰯雲       埼玉県入間市 松井 史子
あそぼうと 窓をゆらすよ 春の風      埼玉県所沢市 岩間 喜久子
ざりがにや 不知火型の 土俵入り      埼玉県狭山市 久保田 昭子
胸張って 昼の刻告ぐ 羽抜鶏        埼玉県狭山市 前田 美智子
遠雷に 兄追いかけて ペダル漕ぐ      埼玉県狭山市 山口 月子
ばあちゃんの しわの手が好き 夏休み    埼玉県狭山市 富澤 征江
父の郷 大声出せば 天の川         埼玉県狭山市 斉藤 明男
朝顔の 観察僕より 祖母熱心        埼玉県狭山市 笠本 文計
しゃぼん玉 吹いてわたしも 飛んでいる   埼玉県狭山市 宝井 孝子
真夏の夜 銀河鉄道 各星停車        千葉県流山市 津金 實
三日月に せまいせまいと うさぎ言う    埼玉県狭山市 関谷 朝子
お下げ髪 ゆれて手拍子 盆踊り       埼玉県狭山市 木村 鈴子
明日また 遊ぶ指切り 春夕べ        東京都練馬区 小林 和子
夏休み 過去を学びに 博物館        埼玉県狭山市 増子 のぞみ
夢にぎり 眠る赤ちゃん 風光る       埼玉県狭山市 芝田 恵美子
「さよなら」のように 舞い散る 大銀杏   埼玉県狭山市 金子 美洋子
ビー玉の ずうつと青い 夏休み       千葉県柏市  北中 美ゆき

子供の部
特選
かきごおり しろっぷかけたら にじのやま  埼玉県狭山市 川端 有佐
かき氷 きょうだい三人 ちがう色      埼玉県狭山市 五十嵐 琉希
パリパリと 枯れ葉の楽器 ふみあるく    埼玉県狭山市 新井 麻結
オニヤンマ ま夏の空の グライダー     埼玉県狭山市 末盛 望
ちょ金箱 使い果たした 夏休み       埼玉県狭山市 由井 琴茄
佳作
思い出が たくさんできる 夏休み      埼玉県狭山市 岩澤 優翔
落ち葉いろいろ 散らしずしのようだね    徳島県阿波市 藤井 杏奈
カチカチの こおりをかくと フワフワだ   埼玉県狭山市 斉藤 潤
もみじのは あかちゃんのてに にているな  埼玉県狭山市 渡辺 美心
友だちに はやく会いたい 新学期      埼玉県狭山市 吉岡 惟人
ホウセンカ 水を上げたら せすじピーン   埼玉県狭山市 黒田 瑚菜美
夏合宿 みんなとわらった 三日間      埼玉県狭山市 小池 雄大
こう子園 負けたくないが すなほしい    埼玉県狭山市 多田 一希
スイカわり おうえん聞いて 真っ二つ    埼玉県狭山市 鈴木 茉央理
おじいちゃん 天国でも花火 見えますか   埼玉県狭山市 渡辺 大空
風鈴の 優しい音が 子守唄         埼玉県狭山市 宮岡 琉聖
おりぴぃは 七夕祭り 見守るよ       埼玉県狭山市 黒沢 羽奏
ばあちゃんが 作ったゆかた 着ておどる   埼玉県狭山市 荒木 柚芽
コキアの木 こびとがいそう 会いたいな   埼玉県狭山市 黒田 彩名
かき氷 メロン食べたら カメレオン     埼玉県狭山市 川口 莉穂
向日葵に 見事敗北 背比べで        埼玉県狭山市 奥山 蒼衣
星見上げ 気づくちぢんだ 母との差     埼玉県狭山市 前川 瑚心
夕立が 七色橋の プレゼント        埼玉県狭山市 三浦 桃
春の日に 出会いと別れの 風が吹く     埼玉県狭山市 西山 和輝
夕立に ブランコおりて まだゆれる     埼玉県狭山市 笹原 千晶

今回は、青森から九州に至る 326名 の皆様に投句をいただき応募数 896句 となりました。

ご応募頂いた皆様ありがとうございました!

また次回もご応募お待ちしております!

20181008 投稿

「さやはく生涯学習フォーラム」受講参加者募集のお知らせ

平成30年4月に開催した第1回の春季では「史跡巡り」「お茶」「古事記」などの講座を開講し、大変盛況でした。秋季は、文化・芸術の秋に相応しい新たな内容になっています。
5つのテーマで市民の皆さんに生涯学習の成果を発表してもらいます。

①講演「入曽地区の歴史と史跡・文化財」
 入曽地区の歴史的な歩みをたどり、史跡・文化財を紹介します。
平成30年10月28日(日)10時~12時
定員:25名※11月4日(日)の「入曽地区の歴史と史跡・文化財」の両方に参加できる方
講師:狭山歴史ガイドの会 塩崎裕司

②「入曽地区の史跡・文化財めぐり」
 狭山歴史ガイドの会の案内により入曽地区の史跡・文化財を巡ります。
平成30年11月4日(日)9時~12時30分
集合:入曽駅東口 8時50分集合
定員:25名※10月28日(日)の「入曽地区の歴史と史跡・文化財」の両方に参加できる方
講師:狭山歴史ガイドの会 会員
参加費:200円(保険料・資料代含む)

③講演「伊能忠敬”測量日誌”の紹介」
 日本の全国測量で知られる伊能忠敬の測量日誌を「狭山市と川越市の測量」も含めて紹介します。
平成30年11月4日(日)13時30分~15時00分
定員:50名
講師:さやま歴史クラブ 稲葉末明

④講演「博物館ボランティアたちの鉄道ジオラマ制作」
 「ぼくらの狭山を走れ!鉄道展」展示の狭山市巨大ジオラマを制作したボランティアより、博物館ボランティアの活動とやりがいをお話します。
平成30年11月4日(日)15時15分~16時
定員:50名
講師:さやまナビース(博物館ボランティア)篠田幸雄

⑤講演「松方コレクションと国立西洋美術館~松方幸四郎とモネの交流~」
 2016年に政界文化遺産に登録されたル・コルビュジエ設計の国立西洋美術館。実業家松方幸次郎の回収した作品を見ながら美術館の概要を紹介していきます。
平成30年11月18日(日)10時~11時30分
定員:50名
講師:さやまナビース(博物館ボランティア)浜田明美

※②以外は講演のため、会場は狭山市立博物館の研修講義室で行います。

チラシのpdfデータ
さやはく生涯学習フォーラム2018秋

お申し込み方法
10月19日(金)午前9時より電話・来館受付開始(先着順)
電話受付 ℡:04-2955-3804

20180924 投稿

狭山市立博物館後期行事予定

博物館の31年度秋から冬にかけての企画展やイベント情報を紹介した「後期行事予定」を公開します。
常設展示のイベントやさやはくフォーラム、公募展や工作教室、お茶席や音楽会の情報も載っています。
ぜひ、博物館のイベントをチェックしてください。

下半期行事予定(2018秋)

20180913 投稿

博物館だより10月号

イベント情報をまとめた博物館だより10月号が完成いたしました。
10月号には秋期企画展「吉田博展」の紹介、企画展に合わせた「秋のまいまい体験講座」や体験学習「お茶席」、その他「第2回秋季のさやはく生涯学習フォーラム」と「第3回童句コンクール表彰式」、「第4回博物館公募展『童句の世界』美術展」の情報も載っております。
ぜひ博物館へ足を運んでください。
博物館だより2018.10