男の子も女の子も鎧を着て、兜をかぶってかっこよく若武者に変身してみよう! 会場では自由に撮影ができますので、カメラ・ビデオご持参のうえ、ご参加ください。 (博物館側の記念撮影はありません) ■日時詳細 5月7日(土)・5月8日(日) 【午前の部】9:30~/10:00~/10:30~/11:00~ 【午後の部】1:30~/2:00~/2:30~/3:00~ 定員:各回5名、各日40名 対象:4歳以上の男女(ウエスト80センチ以下)

狭山市立博物館では、日本や郷土の歴史を題材とした「歴史文化講座」を開講いたします。 高橋光昭氏・伊澤昭二氏・広澤謙一氏を講師にお招きし、それぞれのテーマで講義をしていただきます。 皆さまもぜひ講座に参加し、歴史への理解や関心を深めてみませんか? 〇2月5日(日) 髙橋光昭氏 「古文書から見た農民の暮らし~村での暮らし~」 〇2月11日(土) 伊澤昭二氏 「森蘭丸と森一族」 〇2月12日(日) 広澤謙一氏 「文学に登場する入間川~古典文学から現代俳句まで~」 〇2月19日(日) 髙橋光昭氏 「古文書から見た農民の暮らし~信仰と旅~」

狭山市立博物館では、日本や郷土の歴史を題材とした「歴史文化講座」を開講いたします。 高橋光昭氏・伊澤昭二氏・広澤謙一氏を講師にお招きし、それぞれのテーマで講義をしていただきます。 皆さまもぜひ講座に参加し、歴史への理解や関心を深めてみませんか? 〇2月5日(日) 髙橋光昭氏 「古文書から見た農民の暮らし~村での暮らし~」 〇2月11日(土) 伊澤昭二氏 「森蘭丸と森一族」 〇2月12日(日) 広澤謙一氏 「文学に登場する入間川~古典文学から現代俳句まで~」 〇2月19日(日) 髙橋光昭氏 「古文書から見た農民の暮らし~信仰と旅~」

狭山市立博物館では、日本や郷土の歴史を題材とした「歴史文化講座」を開講いたします。 高橋光昭氏・伊澤昭二氏・広澤謙一氏を講師にお招きし、それぞれのテーマで講義をしていただきます。 皆さまもぜひ講座に参加し、歴史への理解や関心を深めてみませんか? 〇2月5日(日) 髙橋光昭氏 「古文書から見た農民の暮らし~村での暮らし~」 〇2月11日(土) 伊澤昭二氏 「森蘭丸と森一族」 〇2月12日(日) 広澤謙一氏 「文学に登場する入間川~古典文学から現代俳句まで~」 〇2月19日(日) 髙橋光昭氏 「古文書から見た農民の暮らし~信仰と旅~」

狭山市立博物館では、日本や郷土の歴史を題材とした「歴史文化講座」を開講いたします。 高橋光昭氏・伊澤昭二氏・広澤謙一氏を講師にお招きし、それぞれのテーマで講義をしていただきます。 皆さまもぜひ講座に参加し、歴史への理解や関心を深めてみませんか? 〇2月5日(日) 髙橋光昭氏 「古文書から見た農民の暮らし~村での暮らし~」 〇2月11日(土) 伊澤昭二氏 「森蘭丸と森一族」 〇2月12日(日) 広澤謙一氏 「文学に登場する入間川~古典文学から現代俳句まで~」 〇2月19日(日) 髙橋光昭氏 「古文書から見た農民の暮らし~信仰と旅~」

桃の節句にちなみ、女の子の打掛着付け体験を開催します。 また収蔵品のひな人形も展示、是非ご覧ください。 ■ 開催時間は以下の時間内で1人約30分程度 ● 午前の部 9:00~12:00 ● 午後の部 13:00~15:00 ※要電話予約  なお電話受付時に持ち物など当日詳細のご説明があります

日活特撮怪獣映画第1弾の「大巨獣ガッパ」を特別上映します。 日本国内に現れた大巨獣ガッパは各地で大暴れをします。 ガッパ親子の愛情も感じられる映画です。 当時の特撮技術も必見!! ぜひ、親子でご覧ください。  

夏期企画展「山下清とその仲間たちの作品展」の開催に伴い、川越の「あいアイ美術館」の協力のもと、狭山市在住の障害を抱えながらも絵画などの創作活動を続けている4名の作品約20点を紹介し展示します。「あいアイ美術館」は「八幡学園」同様に障害者の人間性を育み、特異性溢れる才能を開花させています。山下清のみならず狭山市内で頑張る障害者の作品をぜひご覧ください。 狭山の小さな画伯 須賀大介さん(中新田在住) 鹿熊美佐子さん(水野在住) 藤島可苗さん(下広瀬在住) 田端翔馬さん(入間川在住) あいアイ美術館 年齢・性別・国籍そして障害の有無を問わず創作活動し、その成果を障害者自立の一助とすることを掲げて活動。知的障害者の「人間性」を育み、特異性溢れる創造力刺激し「アウトサイダー・アート」を開花させています。

生涯、家を持たず人生が旅であったアンデルセンが見た世界は? 故郷オーデンセから首都コペンハーゲン、イタリア、ドイツ、イギリス、 その行く先々でのエピソードとその作品そして恋愛についてお話いただきます。