TEL.04-2955-3804

狭山市

企画展

歌川国芳展 ~天才・国芳が描いた江戸庶民の暮らし~

期間
  • 2016年10月8日(土)〜2016年10月23日(日)
時間 09:00〜17:00 (最終入館16:30)
会場 狭山市立博物館
参加費 一般:150円(100円)/高・大生:100円(60円)/中学生以下:無料 ※( )内は20名以上の団体料金

歌川国芳は江戸時代末期を代表する浮世絵師の一人であり、斬新なデザイン力や奇想天外なアイデアで、浮世絵の枠にとどまらない魅力的な作品を多数生み出しました。当時は“武者絵の国芳”として人気を博していましたが、近年になり国芳の魅力的な作品はさらに人気を得て、各地で多くの展覧会が開催されています。

狭山市立博物館では、博物館で見る「歌川国芳展」として浮世絵から江戸庶民の暮らしを感じられる展示を行います。また、今回作品を提供してくださった洋画家であり、浮世絵の蒐集家でもある悳俊彦氏のわかりやすい解説文により、浮世絵が初めての方やお子様にもお楽しみいただけます。

開催初日、10月8日(土)午後2時から悳氏によるオープニングギャラリートークも開催。たった2週間しか会えない狭山市立博物館の「歌川国芳展」に、ぜひお越しください。