TEL.04-2955-3804

狭山市

学芸員ブログ

20161209 投稿

「びっくり!飛び出す絵本展」明日より開催

明日12月10日(土)より「びっくり!飛び出す絵本展」が開催されます。
80点以上の絵本をご用意してお待ちしております。

無題
ゆっくり座って絵本をご覧いただいたり、
簡単なしかけのカードを作るスペースもあります。

企画室入口には記念撮影スペースを設置しました。
お城の画像の前で剣や魔法のスティックを片手にドラゴン退治!
思い出の1枚をぜひ写してみてくださいね♪

また、「すごいぞ!神わざペーパーレリーフ展」で好評をいただいた
伊藤亘先生の作品を特別展示しています。
とても段ボールで出来ているとは思えない素敵な作品です。
ぜひ、ご覧ください。

工作講座「まいまい体験講座」も明日より始まります。
12月10日(土)は「まゆ玉指人形」
12月11日(日)は「モコモコアート」です。
お子様たちと楽しい工作をできるのが、とても楽しみです♪

寒い毎日に、心まで温まる絵本の世界を狭山市立博物館よりプレゼント!!
「びっくり!飛び出す絵本展」で皆さまのお越しをお待ちしております。

20161204 投稿

VR体験コーナが出来ました!

先日終了した「アケボノゾウ展~体感冒険ワールド~」で
大変ご好評いただいた太古のアケボノゾウの時代のイメージ画像が見ることができる
VR(バーチャルリアリティ)機器を
『VR体験コーナー』として常設展示室内に設置しました。


360度に広がる150万年前の世界をお楽しみいただけます。
ぜひ体験しに来てください。

20161127 投稿

「アケボノゾウ展~体感冒険ワールド」本日最終日です♪

「アケボノゾウ展~体感冒険ワールド~」は本日最終日を迎えます。

昨日行ったアケボノ劇場「すてごのぞう」には
約200名のお客様にご来場いただきました。

すてごのぞう2

子供たちの一生懸命演じる姿はとても感動的でした!
ご覧いただいた皆さまにも
「素晴らしかった」というお声をたくさんいただきました♪

 
開館25周年を記念した「アケボノゾウ展~体感冒険ワールド」
たくさんの方にご来場いただきありがとうございました。
ついに最終日。
まだご覧になってない方も、ぜひご来館ください!!
スタッフ一同お待ちしております。

20161123 投稿

冬のまいまい講座の「まゆ玉指人形」のご紹介♪

12月10日から「びっくり!飛び出す絵本展」が始まりますが、
夏に好評をいただいた工作講座「まいまい体験講座」も開催します!
今日ご紹介するのは「まゆ玉指人形」です。

狭山市では地場産業として以前は養蚕業が盛んでした。
埼玉県内初の機械製糸工場の「暢業者」(ちょうぎょうしゃ)は
狭山に設立されました。

今回の「まゆ玉指人形」の工作で
お子様にも養蚕について知っていただくきっかけを作れたらと
考えております。

また、常設展示室にも養蚕に関する展示があります。
併せてご覧いただけたらと思っています。

20161112 投稿

ぬり絵マッピング♪

本日11月12日と明日13日に
楽しい「ぬり絵マッピング」のイベントを開催します!!
両日ともに開館から午後3時まで無料でご参加いただけます。

自分で塗ったぬりえの動物たちが大画面の中で動き出します!!
ぜひ、みなさん体験しにきてくださいね。
アケボノゾウもいるよ♪

20161111 投稿

「第2回みんなのアンデルセン展」のお知らせ

昨年ご好評いただいた公募展「みんなのアンデルセン展」
その第2回目として平成29年3月11日~4月9日の期間、
「第2回みんなのアンデルセン展」を開催します!

デンマークの代表的な童話作家のハンス・クリスチャン・アンデルセンは、
「人魚姫」「裸の王様」「マッチ売りの少女」などの、
人々の心に深く残る童話の数々を生み出しました。
本公募展ではみなさまの「アンデルセン童話」のイメージを
作品によって自由に表現していただきます。

昨年度も数多くの方に素敵な作品をご応募いただき、
来館者の投票で入賞作品を選びました。

応募の概要は下記のお知らせのページをご覧ください。
(昨年度と一部変更点がございますので、ご確認ください。)
公募展「第2回みんなのアンデルセン展」応募開始のお知らせ

みなさまのご応募をお待ちしております♪

20161105 投稿

アケボノゾウの臼歯

11月1日から開催している
開館25周年記念「アケボノゾウ展~体感冒険ワールド~」ですが、
たくさんのお客様にご来館いただいております。
ありがとうございます。

アケボノゾウは実は歯にとても特徴があります。
アケボノゾウはステゴドン科のゾウです。
屋根(ギリシャ語のステゴス)のような歯(オドントス)をもったゾウということで、
ステゴドンゾウというグループが考えられました。
アケボノゾウの歯を見てみると、
とがった三角屋根のような形をしています。

「アケボノゾウ展~体感冒険ワールド~」には
企画展示室にレプリカが展示されていますので、
ぜひみなさん見にいらしてくださいね♪

 

20161101 投稿

「アケボノゾウ展~体感冒険ワールド~」本日より開催です!

開館25周年記念「アケボノゾウ展~体感冒険ワールド~」は本日初日を迎えました!

企画展示室内の様子の一部をご紹介します♪

当館の収蔵品からアケボノゾウの化石を展示しています。
タブレットにQRコードをかざすと化石に関する情報を見ることが出来ます。

また、アケボノゾウの暮らしていた太古をイメージした世界を
VRで体感できます。
360度に広がる映像の中のアケボノゾウをぜひ見に来てください♪

P1070727

 

開館25周年を記念した「アケボノゾウ展~体感冒険ワールド~」
他にも新しい試みがたくさんあります!
みなさまのお越しをお待ちしております。

 

20161029 投稿

開館25周年記念「アケボノゾウ展~体感冒険ワールド~」

狭山市立博物館は開館25周年を迎えるのを記念して
「アケボノゾウ展~体感冒険ワールド~」を開催いたします。

アケボノゾウはおよそ150万年前、
日本の全域で生息していた日本固有の小型のゾウです。
1975年狭山市笹井ダム上流の入間川左岸で臼歯が発見され、
その後多数の骨格化石が発掘されましたが、
ほぼ全身の骨格化石の発掘は全国でも狭山市が初めてでした。
狭山市内でのアケボノゾウの化石の発見は
当館創設のきっかけともなっております。

25周年を記念してお送りする音と映像で表現した
太古の世界をぜひお楽しみください。

20161023 投稿

「歌川国芳展~天才・国芳が描いた江戸庶民の暮らし~」「武蔵野絵画展」最終日を迎えました。

「歌川国芳展~天才・国芳が描いた江戸庶民の暮らし~」「武蔵野絵画展」
本日10月23日が最終日です。

今回のチラシに使用した「本朝名橋之内江都日本橋略図」。

橋の上や付近がたくさんの江戸庶民で賑わう様子が印象的な作品です。
人であふれた橋は繁栄の象徴として描かれるそうです。
この作品を見ていると、当時の人々の声や息遣いまでもが聞こえてきそうな気がします。
見る人にも元気を与えてくれるのではないでしょうか・・・。

「歌川国芳展~天才・国芳が描いた江戸庶民の暮らし~」「武蔵野絵画展」
約2週間という短い開催期間でしたが、
多くの皆さまにご来館いただいております。
ついに最終日です。
皆さまのお越しをお待ちしております♪