TEL.04-2955-3804

狭山市

学芸員ブログ

20170309 投稿

まゆ玉指人形出張工作

狭山市立富士見小学校に「まゆ玉指人形の出張工作」に伺いました。

1月に社会科見学に来館してくれた3年生の皆さんの教室に入ると、
顔を覚えていてくれた子供たちが話しかけてくれました。
場所を変えてまた会えたことが、とても嬉しかったです!

早く完成した生徒さんたちの作品です。
虫が大好きな女の子が蚕の成虫を作ってくれたり、亥年の子がかわいいイノシシを作ってくれたり・・・
どの作品もとても上手にかわいらしく仕上がりました。

富士見小学校の3年生のみなさん、
楽しい時間をありがとうございました。

また、博物館で会えるのを楽しみにしています♪

 

20170305 投稿

「びっくり!飛び出す絵本展」最終日♪

本日3月5日は「びっくり!飛び出す絵本展」最終日です!
午前中からたくさんのお客様にご来館いただいております。

また「まいまい体験講座」も好評開講中♪
本日はかわいい手鏡をつくるモコモコアートです。

約3か月間、開催しました「びっくり!飛び出す絵本展」
心温まるファンタジーの世界を皆さまに感じていただけたでしょうか?
80冊以上の絵本に出会えるのも今日までです。
ぜひ、遊びにきてください♪

20170303 投稿

社会科見学

2月1日に社会科見学に来てくれた新狭山小学校の先生が、
生徒さんが書いてくれた寄せ書きを持って来館してくださいました。

可愛らしい本の形をした寄せ書きには、
社会科見学でお話した昔の道具やアケボノゾウの絵がたくさん書いてあります。
一つ一つ丁寧に読ませていただきました。
心のこもった感想にとても感動し、
これからも狭山市の歴史や文化について子供達に伝えていきたいと改めて感じました。
新狭山小学校の3年生のみなさん、ありがとうございました。

素敵な寄せ書きは、受付前にしばらく展示させていただきます。
よろしければ、ご来館の際にご覧ください。

今年度もたくさんの小学校の皆さんが博物館に社会科見学に来てくれました。
後日、保護者の方と再来館して声を掛けてくれるお子様がとても多く、
嬉しく思っております。
来年度に向け、より良く伝えられるよう精進したいと思います。
また素敵な出会いが出来る事も楽しみにしています♪

20170225 投稿

『ナマケモノのいる森で』

『ナマケモノのいる森で』という飛び出す絵本を追加しました。

ナマケモノの暮らす豊かな森。

ある日、人の手によって森の木々はどんどん失われていきます。
逃げる動物たち。
それでもナマケモノは変わらず居続けます・・・。
ナマケモノは何を想っているのでしょうか?

森は失われます。
それでも変わらず居続けるナマケモノ・・・。

ぜひ、続きは「びっくり!飛び出す絵本展」でご覧ください。
絵本からの深いメッセージを皆さまにも感じていただければと思います♪

20170217 投稿

新しい飛び出す絵本♪

新しい絵本を10冊ほど追加しました。
その中からぜひ大人の方にご覧いただきたい絵本を紹介します。

『北斎 ポップアップで味わう不思議な世界』
葛飾北斎の浮世絵の世界が飛び出します。
「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」船にしがみつく人々にも注目してくださいね!
 

『くるみ割り人形』
切り絵で表現された奥行きのある絵はまるで本物の舞台を見ているみたいです。

『雪の結晶』
さまざまな雪の結晶が登場する、ロマンチックで幻想的な新感覚の飛び出す絵本です。

「びっくり!飛び出す絵本展」も残り約2週間となりました。
新しい本も加わりました。何度来ても新しい感動に出会えます♪
皆さまのお越しをお待ちしております。

20170216 投稿

まゆ玉指人形 出張工作

狭山市立御狩場小学校へ「まゆ玉指人形」の 出張工作に行ってきました。

まずは、「まゆ玉のひみつ」というビデオで まゆ玉と養蚕について学習します。

その後、 楽しい「まゆ玉指人形」の工作の開始です!!
早く完成した生徒さんの写真です♪
かわいい動物たち、エビのてんぷらやマグロのお寿司、ピコ太郎まで多彩な作品をご覧ください。

どの子供たちもとても上手で、発想の豊かさに改めて驚かされました。
そしてなんと、校長先生も参加していただきました。

工作を通して、郷土の歴史を感じ、1匹の蚕から1つの繭ができることを知ることで、
命の大切さも感じてもらえたらと思っています。
御狩場小学校の4年生のみなさん、楽しい時間をありがとうございました。

20170210 投稿

歴史文化講座

今回の歴史文化講座は全4回。
どの講座もたくさんの応募をいただきました。
定員は40名で抽選により受講生を決定する予定でしたが、
皆さまに参加していただきたいと考え、
今回は応募者全員に受講していただくことにしました。
お席が少し狭くなりますが、
ご参加の皆さまにはご理解とご協力をお願いいたします。

先日開講した第1回目の様子です。

「古文書から見た農民の暮らし~村での暮らし~」という内容で
高橋光明先生に講義していただきました。
江戸後期から明治にかけて狭山市内で盛んであった
養蚕についての古文書を取り上げ、
当時の人々の暮らしのお話をしていただきました。
受講者にお答えいただいたアンケートにも
「高橋先生の話術にあっという間の2時間でした」とありましたが、
教科書では知ることができない農民の暮らしはとても興味深く、
楽しい講義となりました。

20170128 投稿

新しい絵本が加わりました♪

「びっくり!飛び出す絵本展」に新しい絵本が登場しました。

3冊ご紹介します。

「あかまるちゃん」
複雑なしかけが 、次々にとびだす絵本です。
しかけの中には”あかいまる”が必ず1つかくれています。
探してみてくださいね。
DSCN0374

「よこながきしゃぽっぽ」
本を開くと2mを超える長さのきしゃぽっぽが現れます。
動物たちの絵はずっと見ていたくなるほど楽しくて可愛らしいです。
小さなしかけもお見逃しなく♪

「メイシーのはっぴょうかい」
メイシーちゃんとなかまたちが発表会のために練習中。
最後にかわいい舞台が登場します!
DSCN0377

今回の「びっくり!飛び出す絵本展」ではリピーターのお客様が多いようで、とても嬉しく思っています。
たくさんの絵本は何度見ても新しい発見や感動を与えてくれます。
少しずつ、新しい絵本も登場しますので、ぜひ、足をお運びください。
お待ちしております♪

20170121 投稿

広瀬斜子織

斜子織(ななこおり)をご存知ですか?
明治の頃、狭山市の広瀬では斜子織という高級絹織物を生産していました。
品質も良く宮内省のご用品にもなりました。
しかし時が経ち、斜子織の織物や道具などはほとんど残されていないそうです。

狭山遊糸会では、当館に収蔵されていた機(はた)を蘇らせて斜子織の復元活動をされています。
昨日、広瀬公民館を訪れ機織りの様子を見せていただきました。

機の修理はとても大変な作業だったそうです。
ふるさとの遺産としての斜子織を大切に思う気持ちがとても伝わりました。

当館の常設展示室にも斜子織が展示されています。

かつて盛んであった狭山の斜子織を皆さんもぜひ、ご覧ください。

20170112 投稿

「インターナショナル・サーカス」

冬休みも終わりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
「びっくり!飛び出す絵本展」も新年を迎え、
新しい作品が加わりました。

メッゲンドルファーの「インターナショナル・サーカス」
絵本から飛び出すダイナミックなサーカスのパノラマ絵本です。
DSCN0267

インターナショナルということで、
日本人らしき着物を着た人が曲芸をしている様子も見られます♪
破れた障子もおもしろいですね。
DSCN0270

ガラスケースの絵本も一部ページを変更してみました。

一度ご覧になられた方も
ぜひ、また足をお運びください。
お待ちしております。