TEL.04-2955-3804

狭山市

学芸員ブログ

20170128 投稿

新しい絵本が加わりました♪

「びっくり!飛び出す絵本展」に新しい絵本が登場しました。

3冊ご紹介します。

「あかまるちゃん」
複雑なしかけが 、次々にとびだす絵本です。
しかけの中には”あかいまる”が必ず1つかくれています。
探してみてくださいね。
DSCN0374

「よこながきしゃぽっぽ」
本を開くと2mを超える長さのきしゃぽっぽが現れます。
動物たちの絵はずっと見ていたくなるほど楽しくて可愛らしいです。
小さなしかけもお見逃しなく♪

「メイシーのはっぴょうかい」
メイシーちゃんとなかまたちが発表会のために練習中。
最後にかわいい舞台が登場します!
DSCN0377

今回の「びっくり!飛び出す絵本展」ではリピーターのお客様が多いようで、とても嬉しく思っています。
たくさんの絵本は何度見ても新しい発見や感動を与えてくれます。
少しずつ、新しい絵本も登場しますので、ぜひ、足をお運びください。
お待ちしております♪

20170121 投稿

広瀬斜子織

斜子織(ななこおり)をご存知ですか?
明治の頃、狭山市の広瀬では斜子織という高級絹織物を生産していました。
品質も良く宮内省のご用品にもなりました。
しかし時が経ち、斜子織の織物や道具などはほとんど残されていないそうです。

狭山遊糸会では、当館に収蔵されていた機(はた)を蘇らせて斜子織の復元活動をされています。
昨日、広瀬公民館を訪れ機織りの様子を見せていただきました。

機の修理はとても大変な作業だったそうです。
ふるさとの遺産としての斜子織を大切に思う気持ちがとても伝わりました。

当館の常設展示室にも斜子織が展示されています。

かつて盛んであった狭山の斜子織を皆さんもぜひ、ご覧ください。

20170112 投稿

「インターナショナル・サーカス」

冬休みも終わりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
「びっくり!飛び出す絵本展」も新年を迎え、
新しい作品が加わりました。

メッゲンドルファーの「インターナショナル・サーカス」
絵本から飛び出すダイナミックなサーカスのパノラマ絵本です。
DSCN0267

インターナショナルということで、
日本人らしき着物を着た人が曲芸をしている様子も見られます♪
破れた障子もおもしろいですね。
DSCN0270

ガラスケースの絵本も一部ページを変更してみました。

一度ご覧になられた方も
ぜひ、また足をお運びください。
お待ちしております。

20170105 投稿

本日より開館です!

明けましておめでとうございます。
2017年は本日1月5日(木)より開館します。
本年もよろしくお願いいたします。

お正月は好天に恵まれ、狭山市内からも美しい富士山を見る事が出来ました♪
「びっくり!飛び出す絵本展」には、おすすめの富士山の絵本があります。


「360°絵本 富士山」です。
富士山と雲と鶴が織りなす繊細な世界をお楽しみいただけます。

週末には「冬のまいまい体験講座」も開催します。
冬休みの思い出に、ぜひ遊びにいらしてください!

20161225 投稿

1年の終りに・・・

開館25周年を迎える2016年を振り返ってみました。

春の「しあわせのリカちゃん展」
しあわせをテーマに、世相を反映して全ての女の子に寄り添って
一緒に成長しているリカちゃんを感じました。
リカちゃん神社には皆さまのしあわせな願い事があふれていました。
P1050741

夏の「ドキドキ冒険昆虫展」
「夏のまいまい体験講座」に多くの子供達が集まり、
かわいい作品を作ってくれました。
満足そうな素敵な笑顔にたくさん出会えた夏となりました。
P1060643

第1回「童句コンクール」
全国から548句が集まり、
狭山が発祥の地である『童句』を盛り上げました。
童心が感じられる素敵な作品はとても温かい気持ちにしてくれました。
秋の「歌川国芳展~天才・国芳が描いた江戸庶民の暮らし~」
約2週間という短い開催でしたが、大変多くの皆さまにご来館いただきました。
庶民の暮らしを感じる事で、大衆文化としての浮世絵をお楽しみいただきました。

「アケボノゾウ展~体感冒険ワールド~」
開館25周年を迎えた11月に開催をし、音と映像でダイナミックに太古の世界を表現しました。
VRを取り入れた新しい試みは、更に年を重ねる第一歩に活気を与えてくれました。

そして「びっくり!飛び出す絵本展」
絵本が織りなすファンタジーな世界を、
お子様から大人までお楽しみいただいています。
IMG_1301

今年最後の日を無事に終える事が出来ました。
皆さまのご愛顧とご支援に深く感謝申し上げます。
来年も何度も足を運びたくなる博物館を目指して、
スタッフ一同、精進して参ります。
よろしくお願いいたします。

20161225 投稿

本日年内最終日です!

 本日12月25日(日)は今年最後の開館日となります。
だだ今、「びっくり!飛び出す絵本展」開催中!
ご来館いただいたお客様から、
「本当にびっくりする仕掛けの絵本を楽しめました」というお声が多数届いています。
飛び出す仕掛けの工作コーナーも好評で、

お帰りの際に、子供達は素敵な作品を嬉しそうに見せてくれます♪

明日から1月4日(水)までしばらくお休みです。
クリスマスに素敵な絵本の世界をお子様にプレゼントしてみませんか?
皆さまのご来館をお待ちしております。

20161223 投稿

マザーグースの作品

「びっくり!飛び出す絵本展」では、
6月に「すごいぞ!神わざペーパーレリーフ展」でご好評をいただいた
伊藤亘さんのマザーグース(英語の伝承童謡)をテーマにした作品を展示しています。

ペーパーレリーフは段ボールを何層にも重ね着色し薬液で加工して作られていますが、
とても紙で出来ているとは思えないほど、深い味わいがあります。
いつまでも見ていたくなる、素敵な作品6点を特別展示しています。
多くのみなさまにご覧いただきたいと思います。

また、「びっくり!飛び出す絵本展」の絵本の中にも
マザーグースをテーマにしたものがあります。
DSCN0087
『クリスマスの12日』ロバート・サブダ

「クリスマスの12日」とは12月25日から1月6日までの12日間を指します。
1月6日はキリスト生誕を祝って、東方の三賢者が贈り物を持って現れたことを記念する日。
欧米ではこの日までクリスマスが続くそうです。
1日ごとに贈り物が増える楽しさが魅力的なクリスマスソング。
白を基調とした素敵な絵本です。

2つの趣の異なるマザーグースの世界をぜひお楽しみください♪

20161220 投稿

クリスマスの飛び出す絵本を紹介します♪

週末のクリスマスに向けて、
クリスマスをテーマにした絵本をご紹介します♪


サンタクロースをのせたトナカイ達が飛び出してくる絵本『ナイト・ビフォー・クリスマス』。
おもちゃをたくさんのせてトナカイ達が夜空を翔る姿を想像するとわくわくしますね!


金色の雪の結晶が素敵な『クリスマス・アルファベット』。

どちらもロバート・サブダの作品です。
「びっくり!飛び出す絵本展」でクリスマス気分を味わってみてくださいね♪

20161217 投稿

「びっくり!飛び出す絵本展」 飛び出すしかけの工作のご紹介!

「びっくり!飛び出す絵本展」の飛び出すしかけの工作スペースを紹介します♪

飛び出す絵本で楽しんだ後に、
楽しいしかけのカードを作ってみませんか?
全部で6種類の小さなカードの工作が1つずつ登場!
今日はかわいいちょうちょのカードが作れます!
2無題

ご来館の記念に
ぜひ、飛び出すしかけに挑戦してみてくださいね♪

20161213 投稿

「びっくり!飛び出す絵本展」開催中♪

「びっくり!飛び出す絵本展」も無事に開催の日を迎え、
週末にはたくさんの皆さまにご来場をしていただきました。

展示されている絵本をいくつかご紹介します。
ロタール・メッケンドルファー『A Day in the Zoo』

アーネスト・ニスター『Moving Pictures』
8

上の2冊は19世紀後半に『しかけ絵本の巨匠』と呼ばれていた
ドイツのロタール・メッゲンドルファーとイギリスのアーネスト・ニスターの
絵本の復刻版です。
とても19世紀のものとは思えない美しい絵と精巧な作りに驚かされます。

『復刻版 ヴェルサイユの庭園』
7

こちらも19世紀の復刻版です。
穴をのぞいてみると奥までヴェルサイユの庭園が広がります。
遠近法を利用した穴の中に広がる景色は圧巻です!!

まだまだ見どころはたくさんあります。
「びっくり!飛び出す絵本展」でお待ちしております♪