TEL.04-2955-3804

狭山市

学芸員ブログ

20161029 投稿

開館25周年記念「アケボノゾウ展~体感冒険ワールド~」

狭山市立博物館は開館25周年を迎えるのを記念して
「アケボノゾウ展~体感冒険ワールド~」を開催いたします。

アケボノゾウはおよそ150万年前、
日本の全域で生息していた日本固有の小型のゾウです。
1975年狭山市笹井ダム上流の入間川左岸で臼歯が発見され、
その後多数の骨格化石が発掘されましたが、
ほぼ全身の骨格化石の発掘は全国でも狭山市が初めてでした。
狭山市内でのアケボノゾウの化石の発見は
当館創設のきっかけともなっております。

25周年を記念してお送りする音と映像で表現した
太古の世界をぜひお楽しみください。