TEL.04-2955-3804

狭山市

学芸員ブログ

20170427 投稿

時代を切り取るお面たち

「僕たちのヒーロー伝説~もう一人のともだち~」の展示室へ向かう舞い舞いホールのスロープの壁には、さまざまな懐かしいお面が展示してあります。

縁日やお祭りで華やかに飾られるお面は屋台の定番として人気があります。
昭和30年代、「お面」はセルロイド製でした。当時はキャラクターへの版権意識がほとんど確立されていなかった為、味わいの深い微妙に本来の顔とは異なるお面が製造されていました。昭和40年代になると、セルロイド製から塩化ビニール製のお面へと材質が変化します。塩化ビニールは割れにくくなりサイズが一回り大きくなりました。また版権管理も厳しくなり、ライセンス取得の承認シールが貼られているのが特徴です。

 

縁日で売られているお面は、時代に合わせたヒーロー・ヒロインが選ばれて製造されています。
その時代を切り取り、自身の思い出ともつながるお面。
お面を見ながら、皆さまの懐かしい記憶も甦るといいなと思います♪