TEL.04-2955-3804

狭山市

学芸員ブログ

20171022 投稿

広瀬斜子織

さやま生涯学習をすすめる市民の会と狭山市教育委員会共催の
楽しく学ぶ自分磨き講座「広瀬斜子織」の復元を目指して
受講させていただきました。

講師である狭山遊糸会は、
狭山市内で江戸末期から明治にかけて盛んに生産されていた
絹織物「広瀬斜子織」の復元活動をされていらっしゃいます。
日頃より博物館にも足を運んでいただき、
当館収蔵の「広瀬斜子織」を解析したり、
復元についてのお話をお聞かせていただいています。

今回の講座では、 「広瀬斜子織」の歴史解説や
狭山遊糸会の結成の経緯から現在の活動までの説明がありました。
また、蚕の繭からの糸を取る実演もされていました。
織機の復元や「斜子織」の調査研究、糸の解析など、
その活動はまさに糸から織物ができるように 少ない情報を手繰り寄せ、
少しずつ形にしていく大変なものだと感じました。

当館には「広瀬斜子織」の資料として、反物や羽織、帯などが収蔵されています。
また、コロンビア博覧会の賞状などの貴重な資料も展示されています。

狭山市の遺産ともいえる「広瀬斜子織」を多くの方に知っていただき、
これからも狭山遊糸会の活動を応援したいと思います。
当館にお越しの際は、ぜひ常設展示室の「広瀬斜子織」もご覧ください。