TEL.04-2955-3804

狭山市

学芸員ブログ

20180716 投稿

「ぼくらの狭山を走れ!鉄道展」展示のご紹介②

鉄道に欠かせないレール。鉄道はレールがあるからこそ、多量の輸送が出来るようになりました。
今日は展示品の中から「30Kgレール」をご紹介します。

写真の展示品は1900(明治33)年、米国で生産された30Kgレールのカット品です。
30Kgレールは1872(明治5)年、新橋~横浜間(29km)に開業した日本初の鉄道で使用されたレールです。
当時の日本はレール国内生産量が低く、多くを輸入に頼っていました。

展示室ではこの30Kgレールを実際に触ることが出来ます。
様々なレールと比較し、大きさの違いを実感いただければ幸いです。


なお、稲荷山公園と博物館利用者の駐車場は本日も満車となりました。
博物館は駅から徒歩約3分、ご来館の際は公共交通機関のご利用をお願いいたします。
猛暑続きのこの季節、館内を涼しくしてお待ちしております。

20180711 投稿

「ぼくらの狭山を走れ!鉄道展」混雑状況


ぼくらの狭山を走れ!鉄道展」開催から1週間が経過しました。

今日は鉄道展の混雑状況をお知らせいたします。
「少しでもゆっくり見たい」「混雑を避けて見たい」という方の参考になれば幸いです。

この1週間、土日は混雑しましたが、夏休み前もあり平日はゆっくりとご覧いただける状況でした。
それでも土日でないと来館が難しいという皆様、実は土日でも比較的空いている時間帯があります。

午前中であれば9時~10時台、午後は12時~13時台が比較的空いております。
晴天時は公園の来園者と相まって駐車場が満車となることもあります。
ご来館の際は電車など公共交通機関をご利用ください。

20180701 投稿

「ぼくらの狭山を走れ!鉄道展」市長来館と展示のご紹介①

本日、狭山市の小谷野市長が来館されました。
今日も展示室はお子様から鉄道の好きな一般の方まで、多くの方にご来館いただき賑わっております。

さて、今日は鉄道展の中から展示品を一つご紹介します。

列車運行図表

写真は鉄道展で展示している昭和58年12月12日の運行図表です。
運行図表はダイヤグラムとも呼ばれ、全ての列車の動きが1枚にまとめられています。
この表から列車の途中駅や終点駅停車時刻や、何時に何本の列車が出発するか、どこの路線に何本の列車がいるかがわかります。

展示ではこのほか、1982(昭和57)年に廃駅となった下原駅の記載ある「電車運転曲線」も展示しております。
ぜひ実物をご覧ください。

20180701 投稿

「ぼくらの狭山を走れ!鉄道展」開催中

博物館では6月30日(土)より「ぼくらの狭山を走れ!鉄道展」を開催しています。

現在の狭山市駅と入曽駅は1895年に全線開業した鉄道、川越鉄道の駅の一つでした。
狭山市を代表する人物、清水宗徳が発起人総代を務めたこの鉄道は、その後、度重なる合併を経て今日の西武鉄道新宿線となりました。

今回の企画展では西武鉄道株式会社協力のもと、かつて西武鉄道で使用していた品々、約60点を展示するほか、博物館を中心に狭山市をイメージした7mを超えるNゲージ巨大ジオラマが登場します。

まいまいホールでは鉄道のおもちゃで遊べる鉄道Kid’sパークも開設。
博物館で地元狭山と身近な鉄道の歴史を是非ご覧ください。

20180624 投稿

常設展ガイドツアー 終了しました

さやまナビーズ常設展ガイドツアー」の全日程が無事終了しました。
ボランティアの皆さんのお陰で、大変盛況で、内容の濃い解説をして頂きました。

 

 

 

 

今回が第1回目ということで初めての試みでしたが、解説者の全員が参加者の皆さんから好評価を頂くという嬉しい限りの内容でした。

早速第2回目に向けての構想を考えはじめている方もいるようです。
さて次はどんなテーマに挑戦する方が現れるのか、私も楽しみです。

また、展示解説に興味をお持ちの方はお気軽に博物館へお問い合わせ下さい。
解説へのサポートを当館学芸員がさせて頂きます。

次回、第2回常設展ガイドツアーは冬頃を予定しています。
皆さんのご参加、お待ちしております。

20180612 投稿

「常設展ガイドツアー」開催中!中間報告

常設展ガイドツアーは好評開催中です!
 

 
写真は6月10日と12日の様子です。

ご高齢の方がグループで参加して下さったり、お子様連れの方が子どもたちと一緒に聞いて下さったり、
様々な年齢層の方が解説を聞きに来て下さいました。
解説者の皆さんも参加して下さった方々の様子を見て、話す内容を少し変えたりと聞き手に合わしていけるのも、生のガイドならではの良さだと思います。

常設展ガイドツアーは後半戦まだまだあります。
皆様ふるってご参加下さい。

詳しくはトップページの”博物館からのお知らせ”をご覧ください。

20180609 投稿

「常設展ガイドツアー」好評開催中です!

6月6日(水)・9日(土)に「さやまなビーズ 常設展ガイドツアー」を開催しました!


現在、狭山市立博物館では「常設展ガイドツアー」を好評開催中です。
このイベントは”さやまナビーズ(博物館ボランティア)”の皆さんが博物館の常設展示について
展示解説を行うというものです。

6日の初日は「昭和初期の生活用具」と「狭山の民間信仰」、
9日は「中世・入間川にまつわる武士たち」「狭山の自然」をテーマとして行われました。

ガイドの皆さんは各々研究した内容を付け加え解説されますので、かなり聞きごたえのある内容になりました。
参加された皆さんからも「聞けてよかった」「勉強になった」「やっぱりガイドはいい!」等好評を頂いております。
今月も残り8日間開催しますので、ご興味のある方はお気軽に博物館までご連絡下さい。

次回
6月10日(日) 11:00~「狭山の自然」・14:00~「昭和初期の生活用具」
6月12日(火) 11:00~「縄文時代」・14:00~「狭山の民間信仰」
6月15日(金) 11:00~「狭山の民間信仰」・14:00~「縄文時代」
6月16日(土) 11:00~「中世・入間川にまつわる武士たち」・14:00~「狭山の民間信仰」
6月20日(水) 11:00~「縄文時代」・14:00~「狭山の民間信仰」
6月21日(木) 11:00~「中世・入間川にまつわる武士たち」・14:00~「狭山の馬車鉄道」
6月23日(土) 11:00~「まいまい井戸と生活の水」・14:00~「狭山の自然」
6月24日(日) 11:00~「狭山の自然」・14:00~「狭山の馬車鉄道」

詳しくは博物館ホームページの”博物館からのお知らせ”をご覧ください。

20180405 投稿

「お楽しみ抽選会」開催しました!

4月1日(日)に「お楽しみ抽選会」を開催いたしました♪

「トリック3Dアート展」の作品を制作された狭山市在住の服部正志先生の
オリジナルの工作キット等がもれなく当たる抽選会に、
たくさんの子ども達が参加してくれました。

狭山市のイメージキャラクターの七夕の妖精おりぴぃが見守る中、
子ども達は抽選に挑戦し、とても楽しそうな笑顔を見せてくれました!。
こちらの抽選会は好評につき5月3日(木)14時にも開催します。
皆さまのご来館をお待ちしております。

20180324 投稿

七夕の妖精「おりぴぃ」登場!

本日、七夕の妖精おりぴぃが遊びに来てくれました!

おりぴぃは「狭山市入間川七夕まつり」を盛り上げ、
狭山市を元気にするために織姫様から遣わされた七夕の妖精です。
短冊の耳と虹色のマントがとっても可愛いおりぴぃ
来館していた子供達からも大人気でした。
子ども達はおりぴぃの帽子をかぶり小さなおりぴぃに変身!
可愛らしい写真をたくさん撮っていました。

実は明日もおりぴぃが遊びに来てくれます♪
11時半~・13時半~・14時半~の3回登場の予定です。
館内のどこに現れるかはお楽しみ。
ぜひ、おりぴぃと一緒に「トリック3Dアート展」で楽しい写真を撮ってみてください!

20180321 投稿

「トリック3Dアート展」

昨日、小谷野狭山市長と3Dアート作家の服部正志先生が来館されました。

狭山市民でもある服部先生と小谷野市長は、
「トリック3Dアート展」の作品を順番にご覧になり、
歓談されながら楽しい時間を過ごしていらっしゃいました。

また、トリックアートの写真撮影にも挑戦されていました。
こちらは「森へ降りる」というタイトルの作品です。
梯子の下には深い森が広がっています。
落ちないように手を取り合う素敵な写真が撮影できました♪

服部先生の作品には、現実では体験できないような不思議な世界が広がっています。
ぜひ、皆さまも想像力を活かした楽しい写真に挑戦してみてください!
「トリック3Dアート展」で、お待ちしております♪